新郎新婦

時間をかけずに招待状を作るコツ

カップの中にハートマーク

招待状を使う場面で特に多いのは結婚式です。結婚式を執り行うに当たり式場や日にちを決めて、その後まずしないといけないこと。それは、「招待状を送ること」なのです。
結婚式の2ヶ月前には招待状が参列者の手元に到着すると考えると、結構早くから取りかからなくてはいけません。

しかし、招待状を自分たちで一から作るとなるとかなり時間とコストがかかってしまいます。そこで、招待状の「専門業者を利用」することをオススメします。
招待状の印刷を業者に依頼するメリットは文章のフォーマットが決まっているので、自分たちで一から考えて作らなくても良いです。もし、自分たちで作る場合でも、誤字脱字など推敲もしてくれるので時間も手間もかかりません。招待状には様々なデザインもあって、楽しく選ぶこともできます。また、複数枚注文すると割引サービスや特典もつく業者もあるようです。
招待状作成を依頼する専門業者を選ぶコツとして、ホームページやカタログで気に入ったものがあったら、一度、送ってもらい自分の目で確かめることです。実際に届いたものを見ると、ちょっと色が違うとか紙の素材がイマイチといったことがわかるので、大量に発注してしまったけど返品できなくて大損をしてしまうという失敗を防ぐことにつながります。

コンテンツ

  • バラの花

    結婚式の招待状を大量に用意する場合は

    結婚式の招待状は、1枚あたりの値段が意外と幅広く、サイズやデザインによって異なります。結婚式場が提携している業者のカタログからデザインを選ぶのも一つの方法ですが、自身で印刷専門業者に依頼をするの…